スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告

  •  TOP
  • 地球上で小ブラックホールが作られるってどういうことですか?ホントにできるんですか?

    295.png
    遊戯王カード 【 ブラック・ホール 】 GS03-JP012-N 《ゴールドシリーズ2011》



    記事本文↓

    地球上で小ブラックホールが作られるってどういうことですか?ホントにできるんで...
    mizny99さん

    地球上で小ブラックホールが作られるってどういうことですか?ホントにできるんですか?できちゃったら大変なことになりませんか?
    ちなみに地球上の実験室で小ビッグバンもできちゃったりするんですか?

    違反報告
    質問日時:2008/4/1 23:43:32
    解決日時:2008/4/4 20:20:06
    回答数:1
    閲覧数:2,479
    ソーシャルブックマークへ投稿:
    Yahoo!ブックマークへ投稿
    はてなブックマークへ投稿
    (ソーシャルブックマークとは)
    ベストアンサーに選ばれた回答
    akitsendさん

    現在、欧州合同原子核研究所(CERN)がスイスに「大型ハドロン衝突型加速器」(LHC)を建設中です。
    ここで、超微小ブラックホールを作る計画です。

    この実験を行う背景には、「膜宇宙論」という理論の検証という目的があります。
    これは、我々の宇宙は既に知られているような4次元時空からのみ成るのではなく、
    5次元以上の「余剰次元」があるという考え方です。
    そして、現在我々の宇宙にある4種類の根源的な力のうち「電磁気力」「強い力」「弱い力」は
    4次元時空の中にしか効かないのに対し、重力のみは余剰次元に漏れ出しているという仮説です。
    このような説が出される背景には、重力が他の力に比べて遥かに(何十桁も)弱いという事実があります。
    例えば地球という超巨大な物体による重力に、ほんの数cmの磁石による磁力があっさり打ち勝ちますよね。
    4種類の根源的な力は本来1種類だったものが分かれたと現在の物理学では考えられているので、
    重力のみが極端に弱いのは都合が悪いのです。これを説明するのが余剰次元であり、膜宇宙論です。

    膜宇宙論が正しい場合、非常に小さいスケールでは、
    従来の理論よりも重力が遥かに強くなっていると考えられます。
    その場合、現在人類が作ることのできる最大級の加速器によって得られる程度のエネルギーで、
    非常に小さなブラックホールができると予想されます。
    もし今回の実験で本当にブラックホールができれば、膜宇宙論が正しく、余剰次元が存在すると考えられます。
    一方膜宇宙論が全く正しくなく、余剰次元が存在しない場合、今回の実験によるエネルギーは
    ブラックホールを作るのに必要なエネルギーより16桁(1兆倍の1万倍)も足りなくなり、
    ブラックホールはできないと考えられます。

    もし本当にブラックホールができても危険性はありません。
    我々の地球の大気の上層には今回の実験で与えるのより7桁(1000万倍)も大きなエネルギーを持った
    放射線が降り注いでおり、今回の実験でブラックホールができるのならば大気上層でも頻繁にできていると考えられます。
    今回できるかもしれないブラックホールは、大腸菌の70万分の1、ミジンコの8000兆分の1の質量しかありません。
    大腸菌やミジンコによる重力を感じたことがありますか?それより遥かに弱いのです。
    そして、光が出られなくなる大きさは、原子の中の原子核の中の陽子や中性子の大きさよりも遥かに狭い範囲です。
    その半径から2倍も離れれば、同じ質量を持った普通の物質となんら変わることはありません。
    普通の物質の原子の中で原子核や電子などが占める体積はきわめて小さく、スカスカです。
    原子全体を1kmに引き伸ばしたら、その中に1cmの粒子が数個浮いているような状態です。
    ある原子の中をブラックホールが通ったとして、粒子にぶつかって吸い込める確率は1兆分の1以下です。
    地球にブラックホールがぶつかっても、ほとんど太れないまま貫通すると見られます。
    そもそも、今回作ろうとしているようなブラックホールは、非常に小さいため瞬時に消滅すると予測されています。
    「ホーキング放射」という現象により、きわめて短い時間で粒子を放出して消滅するので、
    その粒子を検出しようという実験なのです。

    ブラックホールの周囲何百mとか何kmもの範囲のものが見る見る吸い込まれ
    どんどん成長し・・・というのを思い浮かべているかもしれませんが、
    そのようなことが起こるのは地球よりも遥かに大きい質量を持っているようなブラックホールの場合です。
    ミニブラックホールがあなたを貫通しても、原子1個も吸い込まれることはなく何の影響もありません。

    違反報告
    回答日時:2008/4/2 21:01:15
    質問した人からのコメント

    むずかしいですが、非常にわかりやすい説明ですね
    コメント日時:2008/4/4 20:20:06

    2011/07/26 14:23 | 豆知識COMMENT(0)

  •  TRACKBACK(0)  TOP
  • コメント

    コメントの投稿



    管理者にだけ表示を許可する
     

    ブログパーツ 

     | BLOG TOP |